チューニングカーの査定記事一覧

査定はその車の現時点での価値を見出す作業で、その車のメーカー名から始まって、車名、グレード名、年式、ボディカラーなどから基本的な査定額を算出し、それに実際に車を見た時の評価をプラスしたりマイナスしたりするものです。「プラスしたりマイナスしたり」と書きましたがほとんどの場合は、その車の「あらさがし」のようなことをしてマイナスされることが多いようです。ここまでが一般的な買取店でのやり方なのですが、チュ...
一般的なド・ノーマル車を高く買い取ってもらう時にも整備に必要性は重要とよく言われますが、チューニングカーとなればさらに重要なこととなります。ノーマル車は開発段階で、その車の持っている耐久性にかなりのマージンをとっています。しかし、チューニングカーに行われているチューニングというものは、その車が持っている性能をフルに発揮させる、あるいはそれ以上の性能を発揮させるために行うことで、ほとんどの場合がその...
チューニングというのは車全体でバランスよく行うのが理想とされています。パワーが上がればそれなりに負担がかかりますし、スピードレンジが上がれば空力特性も考えなければなりません。そういった場合に必要となるのがエアロパーツで、チューニングカーにつけられるエアロパーツは純正エアロパーツのような飾りではなく、実際に効果を出せる元なっているので、サイズも規模もかなり大きくなることが多いのです。取り付け方法にし...
チューニングカーにおいて一番負担がかかる部分といったらエンジンです。それもそのはず、メーカー側が安全マージンを踏まえて出力特性にしているのに、それを打ち破って更なるパワーを発揮させているのですから当たり前といってしまえば当たり前です。それによってエンジンが壊れることも頭に入れつつ行うのがチューニングなのです。しかし、その車を高く売ろうとするのであれば、単なる「自己責任」という言葉で片付けることはで...
過酷な走行状態を続けてきたチューニングカーの足回りで注意したいのがこの2つの言葉です。「へたり」と「抜け」。「へたり」はサスペンションの中心的な部品となるスプリングとサスペンションアームの結合部につけられているブッシュに該当します。ノーマルのスプリングでも車高調のスプリングでも言えることなのですが、スプリングは鉄をコイル状にしたもので長い間、荷がかかっている状態になっていると自然とつぶれていきます...