チューニングカーの査定基準

査定はその車の現時点での価値を見出す作業で、その車のメーカー名から始まって、車名、グレード名、年式、ボディカラーなどから基本的な査定額を算出し、それに実際に車を見た時の評価をプラスしたりマイナスしたりするものです。

 

「プラスしたりマイナスしたり」と書きましたがほとんどの場合は、その車の「あらさがし」のようなことをしてマイナスされることが多いようです。ここまでが一般的な買取店でのやり方なのですが、チューニングカーを扱う買取店や専門となると少し話が違ってきます。

 

チューニングカーを買取る買取店というのは大きく分けると二つあり、1つはチューニングされているから買い取るというところ、そしてもう1つはチューニングカーでも買い取りますというところです。

 

チューニングカーだから買い取るというところは「チューニングされている」という事自体がプラス要素に働いており、つけられているパーツやチューニング度合いによってプラス評価されることが多くなります。

 

対して、チューニングカーでも買い取りますというところは、「改造車というマイナス要素を持っていても買い取ってあげますよ」というスタンスですので、チューニングパーツや性能などは関係なく、ノーマルの戻すのにどれだけお金がかかるのかという金銭的負担を考えてほとんどの場合大きくマイナスされることになります。

 

無料一括査定サイトなどを使って買取店を決めるのが一番簡単なのですが、その時にその買取店がチューニングカーを好んで買い取ってくれるのか、チューニングカー「でも」買い取ってくれるところなのかを見極める必要があるでしょう。